Most Popular Photograph

p_112917.jpg

バイトで夜勤をするメリット

バイトを選ぶ上で給与とシフトは非常に重要なウェイトを占めている部分ではあるのですが、お昼のプライベートな時間を確保しつつ高い給与基準で働きたい場合は、夜勤をすることが一つの解決策であるともいえます。お昼に働くよりも基本的に給与は高く、また、普通であれば寝ている時間に働くわけですから、お昼はプライベートで忙しくても働くことができます。夜勤の中には仮眠の時間が確保されているものもありますので、時間を有効に使うことができるのです。


夜勤に向いている人とは

夜勤という働き方には向き、不向きがあります。夜更かしが得意であるからといって、夜勤で働くことができるだろうと安易に考えるべきではありません。通常の生活とは逆行した働き方であるのですから、生活のリズムが狂ってしまうのは当たり前であり、向かない人が行えば体調を崩してしまいます。それはいくら体力があろうと関係はありません。そのために、自分が夜勤に向いているかどうかは、実際にやってみなければわからない部分が多いのです。


夜勤で日常生活も充実させる

夜に働いて朝に帰る、という生活は一見してデメリットしかないように思われますが、朝に帰った後は何をしようと自由であるともいえます。家に帰って寝ることも、そのまま遊びに出かけることもできるのです。夜勤に慣れてきた場合は、そうしたお昼の自由な時間を思いのまま、使用することができるので、お昼にバイトをするよりも自由な時間は多いといえます。こうした自由な時間を求めて積極的に夜勤で働く人もいるほどで、自分の身体の状態を考慮しながらではありますが、プライベートな時間は確保しやすいといえるでしょう。



初めてバイトをするなら、コンビニのバイトがお勧めです。レジの管理や、接客の方法など学べることが多いです。

夜勤のバイトで効率的に稼ぎプライベートとの両立も

0 Loves

p_81581.jpg

女性ならではの気配りで営業成績アップ!!

「相手に対して気配りを持つことができる」「細かいところまで察知することができる」というのは女性ならではの強みですよね。営業をする時、お客さまに提出する資料や見積書などお客さまの意向を何度も確認し細部まで綿密に作成したものを提示することで、お客さまに満足していただけます。女性ならではの細かさや気配り、気がきくところを存分に活かしてお客さまの要望一つ一つに真摯に答え、丁寧に仕事を進めることで満足していただきましょう。


消費者目線にたち営業成績アップ!!

「消費者の目線にたって、物事を考えることができる」のは女性の強みですよね。お客さまが今何を欲しているのか、どんなことが必要なのか、何を求めているのかなど、お客さまの気持ちを理解することで需要に答えることができます。お客さまのことを知るためには情報を聞き出す能力が大切です。お客さまのプライベートに踏み込むのはとても難しいことですが、お客さまと信頼関係を築くことでお客さまの心の引き出しをあけましょう。


時間を上手に利用することで営業成績アップ!!

営業は一日のスケジュール管理がとても大切ですよね。お客さまとの交渉の時間、雑務、資料作り、事務作業など複数の作業を効率良くこなすことが大切です。女性は計画を立てるのがとても上手で要領良く物事をこなすことが得意ですよね。仕事の段取りや優先順位を上手につけ、細かい事務処理もこなしながらお客さまとの交渉の時間を増やしましょう。その時は周りの人とうまくかかわり任せられることは任せるそんな力も必要でしょう。



一般的に営業は女性よりも男性の方が多いですが、近年は女性の社会進出が目立ってきており女性の経営者や立場の高い人が増えてきたので女性相手なら女性営業を掛けた方が円滑に行く事もあります。

女性営業!!男性とは違った強みを活かせ!!

0 Loves

p_187127.jpg

介護は大変な長期戦になる

子育ては最初にいちばん手がかかり、徐々に子供が親の手を離れていくので大変な時期を乗り切るために支援をするというような発想になりますが、高齢者の介護は、後になるほど介護度が重くなり、負担も大きくなります。いつ終わるのかがわからない状況で来る日も来る日も面倒を見ていくので、大変なのは今だけと思って、乗り切れるようなものではないということを要介護者の家族として、また、職場や周囲の人間も理解をしておくことが大事でしょう。


離職前は何かしらのサインが出ている

介護をしている本人にとっては辞職の決意に至るまでにはかなりの期間を要していますが、企業側からすると突然の介護離職となることもおおいでしょう。多くの人がギリギリまで両立を試みて、ギリギリまでがんばった結果、辞めるという傾向にあります。自分の周りに極端に年休取得数が増えている人はいないでしょうか。認知症等は特に介護してくることを隠したがる家族も多いものです。何かしらのサインに上司や職場の同僚など周囲が気付いてあげることもこれからは必要になってくるでしょう。


介護疲労と認知症はワンセット

介護しながら仕事をすることで、かなりの疲労を抱えたまま働いている人も多いのではないでしょうか。日中はデイケアなどを利用して出社できるが、残業もできないし、帰宅したら夜間や休日は介護をしているというのであれば、疲労は蓄積してしまうばかりですよね。この介護問題はやはり認知症患者である場合に顕著で、身体介護に比べて、認知症は介護度が軽く認定されやすく、支援が整っていないのが現状になります。そのため、認知症患者を抱えた家族は最も介護離職しやすくなっていて、日ごろの健康診断や産業医の面談など、介護している社員を支援していけるような対策や体制が企業には求められるでしょう。



老人ホームでは人材が少なくなってきてしまっているという現状があるので介護の資格がある方にこそ介護に就職は老人ホームが最適です。

職場で増え続ける男性の介護者にどう対処すべきか!?

0 Loves