SEとして活躍してから目指せる次のキャリア

統括者としてプロジェクトリーダーへ

SEとしてシステム開発の中心で働いた後のキャリアパスとして王道となるのがプロジェクトリーダーとなって開発プロジェクトを統括する立場になるということです。プロジェクトの統括ができるような視野の広さと人徳、広い経験等を兼ね備え、リーダーシップを発揮できるような人材はあまり多くはないのが実情です。そういった点で光る要素が見られるSEはプロジェクトリーダーとして抜擢される可能性があり、長きに渡ってシステム開発現場で働くことができます。

専門分野に特化したエンジニア

より専門分野に特化したエンジニアとなることによってSEとして働くよりもより体力的にも気力的にも少ない負担で技術職としての仕事を行っていくことができます。勉強していかなければならない分野が狭くなることによって新しいことを身につけづらくなる年齢的な問題も影響が少なくなり、将来的にも長く働いていけるようになるキャリアパスになります。データベース、ネットワーク、サーバー等の様々な分野に特化したエンジニアが各界で必要とされています。

独立して自由に働けるフリーエンジニア

SEとして働いた経験に自分が独自に学んできた得意分野を組み合わせることができればフリーエンジニアとして自由に働いていくことができます。様々な企業から発注される依頼を請け負って生計を立てていくのが基本であり、需要の高い分野を自分の得意分野とすることができれば仕事に困ることなく、むしろ大きな稼ぎを上げていくことができます。より高収入を目指してフリーエンジニアを目指す人も多いほどであり、高収入を目指してIT業界に参入した人にとっては王道といえるでしょう。

ネットワークエンジニアはネットワークインフラの設計、構築、管理運用を行う情報処理技術者です。コンピュータネットワークを構築する為のシステムや機器についての幅広い知識が要求されます。

Comments are closed.